コントラスト

INput ⇔ OUTput | OUTput ⇔ INput

MadosmaはMicroSIM対応です

Madsmaを使い続けて1年を迎えようと…

Windows Phoneに食いついてから、

Madosmaに決めた!してもうじき1年になりそうです。

 

使い続けた所感とかはまた別の機会に綴りますが、

とにかく書き遺したかったのが…

 

Madosma、nanoSIM使えるってよ

使えました。認識してくれました。

f:id:and1646:20160416175449j:plain

上に外してあるのがmicroSIMで、セットされているのがnanoSIMです。

 

全ての端子に接触してれば認識されんじゃね(笑)とか、冗談でやってみたら

いけました。いけてしまいました。

 

f:id:and1646:20160416191730p:plain

回線はMVNOでBiglobeを利用しているんですが、

電話もLINEもテザリングも問題なくできました。

 

これならiPhoneに移行できる!!

 

BiglobeでSIMの規格変更を申し込んだら、次の日電波が全く入らなくて

「猶予無いんかい!!」とか驚愕していたんですが、

端末より先にnanoSIMが届いたのでどうしたものかと悩んだ末の

nanoいけるんじゃね?という経緯でした。

 

windows10にアップデートしましたが、Windows Phoneは

「やることがない」に尽きます。使い勝手が悪いとか、

操作性がとかじゃなく、単純に機能がシャープすぎますね。

 

同じように、メイン機を移行しようかと考えているMado使いな

皆様、nanoSIMの準備は前もってやっても大丈夫ですよ。

と、お伝えしておきます。まぁ保証はしないですけどね|д゚)

 

Madosmaで楽天電話を利用する

楽天でんわを移行しよう

その名の通り、Androidで使用していた楽天でんわを

Madosmaで使用する方法です。

 

プレフィクス番号の設定

電話番号の頭に特定の付番をしてダイヤルする設定です。

窓スマ内部でも設定できるかもしれませんが、

アプリを使ったほうが早いです。

www.windowsphone.com

 

プレフィクス番号設定で、003768を登録するだけです。

 

f:id:and1646:20150707145925p:plain

f:id:and1646:20150707145923p:plain

モード除外:設定した番号以外は付番する

モード付加:設定した番号のみ付番する

 

あとはRapDialerからかけるだけで、

楽天でんわを使用しての通話が可能です。

純正のアプリも、「003768」を付与しているだけなので、

楽天でんわを使用する認証や設定が済んでいれば

他の通話可能な機種からかけられます。

 

※最初の認証や設定などは、AndroidiPhoneで行いましょう。

 

思っても見なかった落とし穴

楽天でんわの仕組みをしっていれば簡単と思っていました。

しかし、自分で設定したプレフィクス番号でかけると

国際電話につながってしまいました。

 

最初はこういうもんかな…と思っていましたが、つながって

一番に挨拶(?)された言語が何語だかわからず。

とっさに切電しました。

その後いろいろとRapDialerの設定を見直しましたが、

二度めのチャレンジも言葉の分からない挨拶をされました。

108円の国際料金がかかってしまい焦る始末。

 

国際電話に繋がる原因

端末の「電話」設定にありました。

f:id:and1646:20150707150444p:plain

「国際電話アシスト」

ここがONになっていると、プレフィクス番号が国際電話と判断され、

自動的に番号を改変してしまうという自体に陥ります。

OFFにして恐る恐る電話してみましたが、ようやく話がわかる挨拶を

返され安心です。

 

国際電話につながってしまう人は、一見すべしです。

Windows Phone 8.1でドコモメールを送受信

WP8.1でメール設定(ドコモメール)

 

忘れないうちにWindows Phone 8.1でドコモのメールを受信し、

送信できるようにする設定を記します。

 

事前準備:docomo IDの取得

WP8.1を使用するようなキワモノ通な人ならば、大体が設定済み

なのではと勘ぐっていますが、念のためさらっとお伝えします。

 

お手持ちのdocomoのメールアドレスをWP8.1で使用するには

docomo ID」の取得が必要です。

ドコモ契約した時にdocomo IDに関する資料が渡されている

はずですので、登録またはアクティベートをしてください。

詳しくは検索してください。割愛。

 

事前準備:利用設定の有効化

docomo IDでログイン後、利用設定の変更が必要です。

他の端末やサービスでドコモメールを利用する許可をするための

設定と思ってください。

こちらについても検索すれば出てきますので割愛。

 

設定:Outlook.comアプリ

ドコモのメールを他のメーラーやサービスで使える準備が

整ったら、Windows Phoneで設定します。

以下、標準搭載のOutlook.comアプリで設定する方法です。

「メールアカウントの追加」から設定します。

f:id:and1646:20150628010809p:plain

「その他のアカウント」として設定します。

 

 

f:id:and1646:20150628010811p:plain

所持しているドコモのメールアドレスを入力し、

docomo IDのパスワードを入力してください。

サインインで次へ。

 

 

f:id:and1646:20150628010812p:plain

Outlook.comアプリで表示されるメールアカウント名を入力。

初期値は「DOCOMO」になります。

メールアドレスは一つ前の画面で入力したアドレスが

表示されます。

「新しいメールをダウンロード」欄は、

使用状況に応じて・15分ごと・30分ごと・1時間ごと・

2時間ごと・手動・アイテムの受信時のいずれかを

選択します。

 

「ダウンロードするメールの期間」欄は「すべて」を選んでください。

ここは他の選択肢を選ぶと、メールが受信できません。

送信者名の入力と、docomo IDのユーザー名とパスワードを入力します。

(ユーザー名はサインイン時に自動で入力されている場合もあります。)

 

「詳細設定」をタップしてメールサーバーの設定をします。

 

 

f:id:and1646:20150628010814p:plain

図の通り入力とチェックをします。

「:」で区切ることで、”サーバードメイン:ポート番号”の

入力となります。

 

チェックボックスに4つチェックをいれたら完了です。

 

初回のメール同期は時間がかかります。

「すべて」を受信させる設定にしているため、初回同期は

気長に待ちましょう。一度同期してしまえば、以降は差分の

通信が発生するだけで時間はかかりません。

 

よいWindows Phone Lifeを!

※端末はMADOSMAにて設定しています。

 

イヤークッション(イヤーマフ)交換の難儀

長年使用してきたヘッドホン

もう5年以上も前に買っただろうヘッドフォン、

SONYのX-BASE技術が展開され始めた頃の逸品。

MDR-XB700。

 

 イヤークッションの表面がポロポロと剥がれてきてしまい、

気にせず使ってましたが、耳の中に黒い表皮が入ってくるように

なったためあまり使わなくなってました。音質はとても気に入っているので

なんとかイヤークッションだけでも交換できないかと探したのですが、

市販されてないようでアマゾンさんに頼りました。 

イヤーパッドイヤーマフなど色々なネーミングで検索してみました)

 

 

で、見つけたので購入し、届きました。

簡単に取り替えられるだろうと見込んでいたのですが、

想像以上にてこずったため、これは書き残しておこうと記事作成に至ってます。

 

MDR-XB700のイヤークッション交換

 イヤークッションはてっきり溝に引っ掛けているだけだと思っていました。

こいつはそんな単純ではありませんでした。

一度ヘッドホン分解してようやく気づいたため、イヤークッションの交換方法を

紹介しておきます。

 

1_イヤークッションはスリーブで固定されている

 イヤークッションの内側に、よく見るとネジ止めしてある箇所があります。

 4本ネジ止めされてるうちの一つが、イヤークッションを固定している

 スリーブを、更に固定しているネジです。

 

2_スリーブを固定しているネジを外す

 イヤークッションを掴みながら捻ると、スリーブごとイヤークッションが

 外れます。

 

f:id:and1646:20150418211316j:plain左にネジ頭が見えると思いますが、その右です。

f:id:and1646:20150418211153j:plainスリーブを外すとこの様に。右隣にネジ穴が見られます。

 

3_スリーブは円を潰すように外す

 あまり力を入れ過ぎると割れてしまいますが、スリーブの両脇を押しながら

 たまご型に変形させる感覚で外せます。これでイヤークッションが

 外れます。

 

f:id:and1646:20150418211426j:plain両脇を潰すように…

間違って無理やりひっぺがしたため、スリーブのみの写真です。

 

4_スリーブの縁にイヤークッションの縫い目を這わせる

 スリーブで挟んで固定しているため、イヤークッションの縁を

 挟めるようにセットします。イヤークッションの向きは縫い目が

 内側に少し飛び出している方を、スリーブに這わせます。

f:id:and1646:20150418211507j:plainこちらは耳に当たる面

f:id:and1646:20150418211457j:plainこちらをスリーブに這わせます

 

5_スリーブに挟む

 イヤークッションを固定します。

f:id:and1646:20150418211730j:plainこのように挟みます。

6_ネジ穴があうようにスリーブを戻す

 スリーブは捻って固定する第一段階と、ネジで固定する第二段階が

 あります。まずはヘッドホンのスピーカー部にピタッとハマるくらい

 スリーブ押し込みましょう。そしてひねります。

 あとは、ネジ穴とスリーブのツメが合わさったらネジで固定です。

f:id:and1646:20150418211910j:plain見難いですが…

イヤークッション内側に、スリーブのツメがあり、そこを捻ったら

合わさるように押しこむのです。

f:id:and1646:20150418231529p:plain

 

7_残りの片側も同様にイヤークッションを外す

 片側も同じように外して、交換しましょう。

 両側交換できたら、イヤークッションの交換は終了です。

f:id:and1646:20150418212429j:plain綺麗な状態のイヤークッションになりました。

 

イヤークッションはちょいと金額いきますが、ヘッドホン買い換えるのもなと

思い、買ってしまいました。

 

MDR-XB700をお使いの方のお役に立てれば幸いです。

 

2015

早くも新年

明けましておめでとうございます!

 

ここ数年やっていなかった年賀イメージを、

今年は作成しました。年々手抜き感が出てきます。

去年と一昨年は拾ったものを加工したとか…

 

f:id:and1646:20150102003141j:plain

 

生活のリズムを崩さないようにと心して挑んだ年末年始ですが、

すぐさま狂ってしまってました。気づいたら年越してたとか

引き締まって無い感で溢れています。

 

今は昨年の振り返りをしつつ、今年は何をどうしていくか

考え中です。もっと昼間からできたらいいのにと思います。

昼はいろんな葛藤があるのです(眠気とかアニメとかゲームとか…

 

今年もよろしくお願いします。