コントラスト

INput ⇔ OUTput | OUTput ⇔ INput

イヤークッション(イヤーマフ)交換の難儀

長年使用してきたヘッドホン

もう5年以上も前に買っただろうヘッドフォン、

SONYのX-BASE技術が展開され始めた頃の逸品。

MDR-XB700。

 

 イヤークッションの表面がポロポロと剥がれてきてしまい、

気にせず使ってましたが、耳の中に黒い表皮が入ってくるように

なったためあまり使わなくなってました。音質はとても気に入っているので

なんとかイヤークッションだけでも交換できないかと探したのですが、

市販されてないようでアマゾンさんに頼りました。 

イヤーパッドイヤーマフなど色々なネーミングで検索してみました)

 

 

で、見つけたので購入し、届きました。

簡単に取り替えられるだろうと見込んでいたのですが、

想像以上にてこずったため、これは書き残しておこうと記事作成に至ってます。

 

MDR-XB700のイヤークッション交換

 イヤークッションはてっきり溝に引っ掛けているだけだと思っていました。

こいつはそんな単純ではありませんでした。

一度ヘッドホン分解してようやく気づいたため、イヤークッションの交換方法を

紹介しておきます。

 

1_イヤークッションはスリーブで固定されている

 イヤークッションの内側に、よく見るとネジ止めしてある箇所があります。

 4本ネジ止めされてるうちの一つが、イヤークッションを固定している

 スリーブを、更に固定しているネジです。

 

2_スリーブを固定しているネジを外す

 イヤークッションを掴みながら捻ると、スリーブごとイヤークッションが

 外れます。

 

f:id:and1646:20150418211316j:plain左にネジ頭が見えると思いますが、その右です。

f:id:and1646:20150418211153j:plainスリーブを外すとこの様に。右隣にネジ穴が見られます。

 

3_スリーブは円を潰すように外す

 あまり力を入れ過ぎると割れてしまいますが、スリーブの両脇を押しながら

 たまご型に変形させる感覚で外せます。これでイヤークッションが

 外れます。

 

f:id:and1646:20150418211426j:plain両脇を潰すように…

間違って無理やりひっぺがしたため、スリーブのみの写真です。

 

4_スリーブの縁にイヤークッションの縫い目を這わせる

 スリーブで挟んで固定しているため、イヤークッションの縁を

 挟めるようにセットします。イヤークッションの向きは縫い目が

 内側に少し飛び出している方を、スリーブに這わせます。

f:id:and1646:20150418211507j:plainこちらは耳に当たる面

f:id:and1646:20150418211457j:plainこちらをスリーブに這わせます

 

5_スリーブに挟む

 イヤークッションを固定します。

f:id:and1646:20150418211730j:plainこのように挟みます。

6_ネジ穴があうようにスリーブを戻す

 スリーブは捻って固定する第一段階と、ネジで固定する第二段階が

 あります。まずはヘッドホンのスピーカー部にピタッとハマるくらい

 スリーブ押し込みましょう。そしてひねります。

 あとは、ネジ穴とスリーブのツメが合わさったらネジで固定です。

f:id:and1646:20150418211910j:plain見難いですが…

イヤークッション内側に、スリーブのツメがあり、そこを捻ったら

合わさるように押しこむのです。

f:id:and1646:20150418231529p:plain

 

7_残りの片側も同様にイヤークッションを外す

 片側も同じように外して、交換しましょう。

 両側交換できたら、イヤークッションの交換は終了です。

f:id:and1646:20150418212429j:plain綺麗な状態のイヤークッションになりました。

 

イヤークッションはちょいと金額いきますが、ヘッドホン買い換えるのもなと

思い、買ってしまいました。

 

MDR-XB700をお使いの方のお役に立てれば幸いです。