コントラスト

INput ⇔ OUTput | OUTput ⇔ INput

Windows Phone 8.1でドコモメールを送受信

WP8.1でメール設定(ドコモメール)

 

忘れないうちにWindows Phone 8.1でドコモのメールを受信し、

送信できるようにする設定を記します。

 

事前準備:docomo IDの取得

WP8.1を使用するようなキワモノ通な人ならば、大体が設定済み

なのではと勘ぐっていますが、念のためさらっとお伝えします。

 

お手持ちのdocomoのメールアドレスをWP8.1で使用するには

docomo ID」の取得が必要です。

ドコモ契約した時にdocomo IDに関する資料が渡されている

はずですので、登録またはアクティベートをしてください。

詳しくは検索してください。割愛。

 

事前準備:利用設定の有効化

docomo IDでログイン後、利用設定の変更が必要です。

他の端末やサービスでドコモメールを利用する許可をするための

設定と思ってください。

こちらについても検索すれば出てきますので割愛。

 

設定:Outlook.comアプリ

ドコモのメールを他のメーラーやサービスで使える準備が

整ったら、Windows Phoneで設定します。

以下、標準搭載のOutlook.comアプリで設定する方法です。

「メールアカウントの追加」から設定します。

f:id:and1646:20150628010809p:plain

「その他のアカウント」として設定します。

 

 

f:id:and1646:20150628010811p:plain

所持しているドコモのメールアドレスを入力し、

docomo IDのパスワードを入力してください。

サインインで次へ。

 

 

f:id:and1646:20150628010812p:plain

Outlook.comアプリで表示されるメールアカウント名を入力。

初期値は「DOCOMO」になります。

メールアドレスは一つ前の画面で入力したアドレスが

表示されます。

「新しいメールをダウンロード」欄は、

使用状況に応じて・15分ごと・30分ごと・1時間ごと・

2時間ごと・手動・アイテムの受信時のいずれかを

選択します。

 

「ダウンロードするメールの期間」欄は「すべて」を選んでください。

ここは他の選択肢を選ぶと、メールが受信できません。

送信者名の入力と、docomo IDのユーザー名とパスワードを入力します。

(ユーザー名はサインイン時に自動で入力されている場合もあります。)

 

「詳細設定」をタップしてメールサーバーの設定をします。

 

 

f:id:and1646:20150628010814p:plain

図の通り入力とチェックをします。

「:」で区切ることで、”サーバードメイン:ポート番号”の

入力となります。

 

チェックボックスに4つチェックをいれたら完了です。

 

初回のメール同期は時間がかかります。

「すべて」を受信させる設定にしているため、初回同期は

気長に待ちましょう。一度同期してしまえば、以降は差分の

通信が発生するだけで時間はかかりません。

 

よいWindows Phone Lifeを!

※端末はMADOSMAにて設定しています。